MySQLにパスを通す by VsDeus.com

Wagtail Wiki

MySQLにパスを通す

MySQLにパスを通す VsDeus.com

初回投稿日 2019-12-29 | 更新日 2020-02-03

前回はMySQLのダウンロードをしてインストールまで行いました。
今回はインストールしたMySQLにパスを通します。

mysql.exeの場所の確認

パスを通すとコマンドプロンプトからMySQLの操作が簡単になります。

通常のMySQLに関しての説明はPathを通した前提でされており、
インストールした後に設定するのが一般的です。
一般的には、Pathを通さないと同様の作業でも非常に面倒になります。

それではMySQLのPathを通して行きましょう。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

まずは、「mysql.exe」が存在する場所を調べます。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

通常は「C:¥Program Files¥MySQL¥MySQL Server 8.0¥bin」にあります。
Xammp等を利用してMySQLを入れた場合は、
「C:¥xampp¥mysql¥bin」の中にある場合もあります。

(もしも、どうしても見つからない場合は「C:」のディレクトリで右上の検索窓から「MySQL」で検索をかけて下さい。
「mysql.exe」が出てきたらその下にパスURLも書いてあります。)

「mysql.exe」が存在してるディレクトリのURLパスをコピーしてメモしておいて下さい。

コントロールパネルを開く

MySQLにパスを通す VsDeus.com

次に「コントロールパネル」を開きます。
まずは下のWindowsのマークを押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

次にWindowsシステムツールを押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

その中にコントロールパネルがるので押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

コントロールパネルが開いたら「システムとセキュリティ」を押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

「システム」を押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

「システム」の画面で左側メニューの中の「システムの詳細設定」を押して下さい。

MySQLのPATHの設定

MySQLにパスを通す VsDeus.com

下の方にある「環境変数」を押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

システム環境変数の中に「変数」がPathと書かれたものがあるか調べて下さい。
見つかったら選択して下さい。無い場合はそのままで良いです。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

Pathを選択したら「編集」ボタンをクリックして下さい。
Pathと書かれたものが無かった場合には「新規」を押して下さい。

ここで「新規」を押した場合の説明は次から異なります。
「編集」のボタンを押した場合の後に説明してます。

「システム環境変数」で「編集」を押した場合

MySQLにパスを通す VsDeus.com

前の「システム環境変数」の項目で「編集」を押した前提で進めます。
新しいPathを追加しますので「新規」を押して下さい。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

ここで一番初めに「MySQL.exe」の場所を調べてメモしておいたディレクトリのパスURLを入れます。
具体的には例として、
「C:¥Program Files¥MySQL¥MySQL Server 8.0¥bin」や
xamppの場合は「C:¥xampp¥mysql¥bin」となるケースもあります。
(最初に確認したMySQLをインストールしたディレクトリにより異なります。)

MySQLにパスを通す VsDeus.com

ディレクトリのパスURLを入力したら、「OK」を押して下さい。
これで「システム環境変数」の項目で「編集」を押した場合のMySQLのPathは設定しました。

「システム環境変数」で「新規」を押した場合

MySQLにパスを通す VsDeus.com

ここからは、「システム環境変数」の項目で「新規」を押した前提で進めます。

MySQLにパスを通す VsDeus.com

上記の様な「新しいシステム変数」画面が表示されます。

「変数名」に「Path」と入力して下さい。
「変数値」に一番初めに「MySQL.exe」の場所を調べてメモしておいたディレクトリのパスURLを入れます。

具体的には例として、
「C:¥Program Files¥MySQL¥MySQL Server 8.0¥bin」や
xamppの場合は「C:¥xampp¥mysql¥bin」となるケースもあります。
(最初に確認したMySQLをインストールしたディレクトリにより異なります。)

MySQLにパスを通す VsDeus.com

入力が終わったら「OK」を押して下さい。

MySQLのPathの設定についての確認

設定ができたかどうか確認します。
MySQLが起動している状態でコマンドプロンプトを起動してバージョンを確認します。

$ mysql --version

$ mysql --version
mysqlVer 15.1 Distrib 10.1.34-MariaDB, for Win32 (AMD64)

「$ mysql --version」でMySQLのバージョンを確認できます。
上記のようにMySQLのバージョンが帰ってくればPathの設定は正常に行われています。

次回はWagtailの設定をSQLiteをMySQLに切り替えてローカルで接続してみます。

次の記事

MySQLに繋いでローカル接続

MySQLとWagtailを連携後、管理画面のユーザーを設定して、ローカルでWagtailサイトをブラウザ表示します。

MySQLにパスを通す VsDeus.com