ファイル内設定(URLや日付等) by VsDeus.com

Wagtail Wiki

ファイル内設定(URLや日付等)

ファイル内設定(URLや日付等) VsDeus.com

初回投稿日 2019-11-28 | 更新日 2020-02-03

ファイル記述を変更して設定を変えましょう。
WordPressのようなCMSを作るのを目的に進めてますので、Puputを入れる前提で説明します。
Puputの有効化もここで行います。

base.pyファイルの変更

Wagtail VS DEUS.com

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\settings\base.py

ここまでの説明通りに進めていると仮定して説明します。
PCのWindous(C:)のユーザー(Users)の下に任意のdirectoryAというディレクトリがあります。
その下に、WagtailプロジェクトであるmyProjectディレクトリがあると思います。

更にその下にもmyProjectディレクトリがあり、
その中のsettingsというディレクトリの下にbase.pyというファイルがあります。
base.pyの中の記述を変更して行きます。


尚、任意のディレクトリのdirectoryAとWagtailプロジェクトのmyProjectの名前は、
別の任意の名前を付けていても問題ないです。

必須変更点

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\settings\base.py


INSTALLED_APPSに追加
INSTALLED_APPS = [

'wagtail.contrib.sitemaps',
'wagtail.contrib.routable_page',
'django_social_share',
'puput',
'colorful',
]

base.pyの中にINSTALLED_APPSという項目があり、
既に記述があると思いますが、その下に追加して記述して下さい。
表記上はインデントが無いように見えますが、[]のカッコの中のインデントは揃えて下さい。
pythonではインデントで動作が変わるので注意してください。

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\settings\base.py


ページ下の方に追加
PUPUT_AS_PLUGIN = True

puputを使うために、base.pyの下の方に追加して下さい。

言語設定

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\settings\base.py


言語設定
LANGUAGE_CODE = 'en-us'

LANGUAGE_CODE = 'ja'

この変更点は任意ですが、言語設定を変更する際は変えたい言語に変更して下さい。
因みに日本であればjaとなります。

時間設定

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\settings\base.py


時間設定
TIME_ZONE = 'UTC'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

この変更点は任意ですが、時間設定を変更する際は変えたい時間に変更して下さい。
因みに日本であればAsia/Tokyoとなります。

urls.pyファイルの変更

Wagtail VS DEUS.com

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\urls.py

ここまでの説明通りに進めていると仮定して説明します。
PCのWindous(C:)のユーザー(Users)の下に任意のdirectoryAというディレクトリがあります。
その下に、WagtailプロジェクトであるmyProjectディレクトリがあると思います。

更にその下にもmyProjectディレクトリがあり、
その中にurls.pyというファイルがあります。
urls.pyの中の記述を変更して行きます。


尚、任意のディレクトリのdirectoryAとWagtailプロジェクトのmyProjectの名前は、
別の任意の名前を付けていても問題ないです。

必須変更点

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\urls.py


追加部分(必須)
from search import views as search_views
from puput import urls as puput_urls この行を追加

「from search import views as search_views」という記述があるので、
その下に追加して下さい。

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\urls.py


追加部分(必須)
url(r'', include(puput_urls)), この行を追加
url(r'', include(wagtail_urls)),

「url(r'', include(wagtail_urls)),」という記述があると思いますので、
その上に追加して下さい。

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\urls.py


追加部分(必須)

from search import views as search_views
from puput import urls as puput_urls この行を追加

urlpatterns = [
url(r'^django-admin/', admin.site.urls),
url(r'^admin/', include(wagtailadmin_urls)),
url(r'^documents/', include(wagtaildocs_urls)),
url(r'^search/$', search_views.search, name='search'),
url(r'', include(puput_urls)), この行を追加
url(r'', include(wagtail_urls)),
]

まとめるとurl.py内の記述は上記の様になってると思います。

各URLのパス

C:\Users\~\directoryA\
myProject\myProject\urls.py


各URLの後ろに任意の英数字(***)を追加
url(r'^django-admin***/', admin.site.urls),
url(r'^admin***/', include(wagtailadmin_urls)),
url(r'^documents***/', include(wagtaildocs_urls)),
url(r'^search***/$', search_views.search, name='search'),

最後に各URLのパスを変更します。
***の部分に任意の英数字を入れて変更して下さい。

URLのパスの変更は必須では無いですが、本番環境でそのままアップすると、
管理画面のURLの予測が容易になり不正アクセスされる可能性が高まります。


因みに、WordPressの変更前の管理画面URLは頻繁に海外等からアクセスされてる痕跡を確認してます。
Wagtailに関しても変更される事をお勧めします。

次回はマイグレーションをしてローカル接続の説明をします。

次の記事

マイグレーション&ローカル接続

マイグレーションをして、管理画面のユーザーを設定して、ローカルでWagtailサイトをブラウザ表示します。

ファイル内設定(URLや日付等) VsDeus.com